FC2ブログ

【セルフケア講座・イベント情報】 

古武術に学ぶ~からだの活かし方教室【子どもの部・10月6日】 好評にて終了!

第三回!古武術からだ講座【大人の部・10月6日】 好評にて終了!

〇4月予定~ 女性のための しなやかでさくさくと動けるからだ教室(当院にて 10時~) ~日常生活から趣味・スポーツ・介護など~ 

4月予定~ 足もみセルフケアde健康力グンとup!教室 
 (当サロンにて 11時~)


・台湾式足もみセルフケア ・美容頭皮ケア・足育からだ教室(こども対象)講座で
《達人先生》に登録させていただいております


◇ポイントが付いて、お得なご予約や空きコマ情報は
ホットペッパービューティー掲載ページからも
どうぞ。
 
 
◇ご予約・お問合わせ電話◇
足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号

お問合せやご質問などはこちらへ

大竹茂 足もみ整体院
http://asimomi-take.net/
 

スポンサーサイト

本日 自宅へ戻りました♪

《2019.3.8》
この場を借りて
たくさんの方から励ましのお電話やお言葉を頂いたり『祈ってます』と仰ってくださったみなさま、おかげさまで良くなりました。
心より感謝致します。

とても勇気付けられました
苦しい時もホッと楽になったんですよ。
本当に本当にありがとうございました。
201903111420168f8.jpeg

振り返れば、このダウン期間は
僕にとって《赤信号》だったのでは…
と受け止め
止まって静かに考えよ、、と。

家族と離れ、孤独になって自分自身とじっくりと向き合ったことで、いままでの心の持ち方や考え方のクセを反省。。。

本棚に眠ってた良書を
ここぞとばかり読みまくり、勇気が湧くフレーズに心底救われてました。


でも本当の意味で
これからが養生の本番!

この入院期間はきっと長い目で見たら宝となるもの
味覚や嗅覚 触覚など、食べない期間が多かったので、神経や皮膚感覚が鋭くなったのも収穫です。

ですが本調子を取り戻すまで、仕事復帰へは
もう少し時間をいただきますね。
どなたか!今のうちに遊んでやってください笑。

さあ!つぎの自分へ向けて始動です。
たけ

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
◇ご予約・お問合わせ電話◇
足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号

福島・郡山で足圧足つぼ足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、リンパマッサージ_大竹茂足もみ整体院11お問合せ・ご予約はこちらもどうぞ

◆治療院の看板ナシの隠れ家的サロン
◆開業して6年目、クレーム1度もなし、安心で完全予約制なのでお待たせしません

サロンの場所はこちら
≪安積高校、針生が丘病院近く P6台あり≫


~さあ、あしどりがかるくなるぞ~
大竹茂 足もみ整体院
公式HPはこちら  http://asimomi-take.net/

一生忘れることない外泊

《2019.3.5》
『よし!
腸の通りは問題ないから点滴外そうか?
退院の予行演習で外泊もして良いよ』


主治医の先生から
言ってもらって

急きょ、日月火の2泊3日で
自宅へ帰ってました。

ちょうどこの2日間は
二男がお世話になっている小学校の授業参観と、結婚記念日でして

ホントあっという間で、、
大したことはできなかったけども息子とキャッチボールをやったり、愛犬のあいちゃんとブラブラ散歩に行ったり。

20190310221207b07.jpeg
上の写真は、僕の不在中
前々から欲しがってた《学習机》が東京インテリアで見つかったらしく即買いしたもの

こういう、、
成長するためにがんばっている姿こそ、親としては嬉しいもんですね。


家では、ダシをきちんと取った味噌汁と
子どもたちの好きな
モヤシ肉炒めをハリきって調理☆

思いもよらず、、
しょっぱく仕上がってしまって反省トホホです。。

でも、ご飯がすすんで美味しいよ!
なんて言ってくれた息子たち
氣を遣うことを覚えて成長したんだね笑。

そして腰肩に疲れを抱えてる妻には
足踏みをきっちりとやってあげて
コリが半端なくてイタタ!!だったみたいだけど

『パパ〜、ママ痛がってるから圧を弱めて』

なんて二男がマネージャー的に
フォローしてくれながらの団らんタイム〜

子どもにとっては、親である夫婦が仲良く労わり合う姿こそが心の栄養なんですね。


『お母さんが元気になるのが
なによりも嬉しいんだ』。


もちろん、二男君にもきっちりと足踏み&足もみをしてあげましたよ。


そして二男の授業参観
4年生だと年齢で10才
1/2成人式

将来の夢というか
20才になった僕へ。という手紙形式の作文を書いたものを発表するという時間でした

そしたら二男君

『お父さんみたいに
たくさんの人から感謝される整体師になりたいです

疲れて帰ってきたお母さんにも僕が足踏みをしてあげると、気持ちよかったよ。って直接、感謝を言ってもらえるのが嬉しいです』



もちろん、この子の決めた人生を思いきりすすんでもらいたいと思っているので、◯◯になったらとか、整体師になったらなんて勧めたことは一度たりともないけども、、

授業参観中ながら
心の中ではうれし泣き!!


僕は 整体院としてはまだまだ
フンドシの紐締め直さなきゃです。

でももし…
本当に一緒にやれるようになるなら出し惜しみなく全て授けるからね。


さあ!いよいよ別荘生活からの卒業は間もなく。というところまでおかげで来れましたぜ。

だいじょうぶだあ。は魔法の言葉

《2019.2.27》
実は昨日は
別荘ライフの中でちょっとしたヤマ場で

せまくなって狭窄しまっていた小腸へ
風船を膨らませて腸管を広げようってねらいの
《内視鏡バルーン拡張治療》。

主治医の先生方、それこそオペ並みに10人くらいのチームで処置をしていただき、数ミリというくらいに締まっていた腸管がうまく開いてくれて、おかげで助けられました!

これが上手くいったので、手術をしなくても大丈夫とのこと(^^)v
(昨日の処置後は麻酔で意識もーろーだったので詳しくは聞き取れていませんが汗)


そしたら、処置をしていただいた
翌朝の2時頃、、天からのご啓示か??

『だいじょぶだあ』
志村大明神さまからのメッセージを(笑笑)。
決してネタじゃないですよ〜

201903101936302cc.jpeg

どうやら、この度のダウンから
明るく乗り越えられそうです。感謝m(__)m

しあわせへの気づき〜若きいのちの日記

心の栄養となるような良書を10冊ほど
家から病室へ持ってきてます

読むのはサクサクじゃなくて
味わうようにやすみやすみですが、、

その内の1冊
五日市剛さんが書かれた小冊子
『しあわせの気づき』から

20190221153209465.jpeg

若きいのちの日記〜大島みち子さん著の
フレーズに『なんで?!』
と価値観をひっくり返されるような、深く心に響くような、静かで大きな感動をいただいたのでシェアします


『病院の外に、健康の日を三日下さい。
一週間とは欲ばりません、ただの三日でよろしいから、病院の外に健康な日がいただきたい』

『一日目、私はとんで故郷に帰りましょう。
そして、おじいちゃんの肩をたたいてあげたい。母と台所に立ちましょう。父に熱燗を一本つけて、おいしいサラダを作って、楽しい食卓を囲みましょう。そのことのために一日がいただきたい』

『2日目、私はとんであなたのところへ行きたい。あなたと遊びたいなんていいません。お部屋のお掃除をしてあげて、ワイシャツにアイロンをかけてあげて、おいしい料理を作ってあげたいの。そのかわりお別れの時、優しくキスしてね』

『三日目、私は一人ぼっちで、思い出と遊びましょう。そして、静かに一日が過ぎたら、三日間の健康をありがとうと、笑って永遠の眠りにつくでしょう』



大島さんは21歳でお亡くなりとなり
高校2年の時、顔面の軟骨肉腫と診断され、入退院を繰り返すように。
同志社大学に進学した折に再発して入院

大島さんは、ある大学生と知り合いになり、互いに手紙のを取り交わす間柄となりましたが
でも、とうとう二人は一緒になれずに彼女は短い生涯を病院のベッドの上で閉じたそうです

自分に与えられた奇跡の三日間を、あまりにも貴重で貴重で大切すぎる三日間なのに、その二日間を自分のためではなくて、人の喜びのために使いたいだなんて。。

自分ならそんな選択ができるんだろうかと思ってしまいました

でも「パパの味噌汁が一番好き!」って喜んでくれる家族のためなら 時間と手間暇を惜しみなく使いたいなあ。

健康で元気
何気ない毎日の一瞬一瞬
奇跡だし感謝そのものですね。

たけ

近況のご報告

こんにちは。たけです。

今さらながら実は…
2/5の午後に退院しておりました僕。。

温かい励ましのメールやお電話をくださった方々
きちんとした報告をしないまま 本当にすみませんでした。


ですが 腸閉塞の状態が
すっかり良くなった訳ではなくて

とりあえず緊急性を脱したとの医師の判断

病院ではケアや処置をすることがなく(おかゆを食べながら点滴で安静にして様子を見るのみ)

だったら自宅で養生してね。との退院でした。

でも…この時なぜか心の中はハッピーなんかじゃなく
どうも不穏でモヤモヤ。。



次の日 2月6日の朝
特養ホームで7年ほど前からお世話になっていた、実のばあちゃん ハルイさんが天へ旅立ちました。

93才 認知症を患いながらも老衰の大往生


軽い脳梗塞をやったり、直前の10日ほどは肺も弱ってて呼吸がきちんとできていなく、そして1年以上も前から余命宣告は受けていて

「いつでも覚悟はしておいて」

と言われてはいたけどやっぱりショック…

告別式も何とか終えて約10日経ってなお
なかなか立ち上がれずドーンと落ちてました😓


家族葬で身内だけが集まってのさよなら
最後は苦しまず、穏やかできれいなお顔でした


ハルイばあちゃんは本当に穏やかな人でいつもにこにこ
敵ができっこないような温厚な人でしたね
なので、大声で怒られた記憶なんて全然なかったもんです

でも、、田舎生まれで貧しくて丁稚奉公だったようでとにかく苦労したんだよ。と聞いてました

僕のおふくろは仕事三昧だったので、ばあちゃんが毎日の料理もろもろ面倒を見てくれてまして

特に
《麦飯でのそぼろご飯》と

《味噌入れた炒り卵》
が激ウマ!めちゃめちゃ大好きでした

ばあちゃんの味にはとても及ばないけども、うちの息子くんにもこのレシピはお気に入りなんです^ ^


あと、何てったって想い出に残ってるのは、中学ん時に一回だけ授業参観に来てくれた時のこと。

あの当時 ばあちゃんはコールドパーマかな?パンチパーマみたいなのを当てていて笑、そいでもってお気に入りの
【虎柄のチョッキ】を羽織ってのご登校〜!

授業参観中だけども、ハルイさんを知ってる友だちはみんな、肩を振るわせながら笑いをこらえるのキツかったみたいでした苦笑)。


グループホームで認知が始まってからの4年程前からは
家族みんなの名前も忘れちゃってて。

でも大腿骨を折ってからは歩けなかったんで、むくんで像の足みたいだった足を揉みに、ちょくちょく通ってたせいか

「按摩(あんま)さん、ご苦労さま。いつも大変だない」

って覚えていてくれたのが密かに嬉しかったもんです。

201902191638547b5.jpeg

【二本松市・安達太良の空の麓にてお別れ】

ハルイばあちゃん、今まで本当にありがとう。お疲れさま。



と言いつつ、心の落ち込みに伴い僕の体調も悪化してしまったので^^;
再び別荘へと戻り、絶食療養中の僕の近況でございます

持ち込んだ本をじっくりと味わいながら読みつつ、古武術的ワークや空手の型【サンチン】の真似事に勤しんでたり。
僕はまあまあ元氣でやっております
どうか安心くださいね。

この休養を肥やしに、今までにない軸で深化をし、力強い復帰を目指して英気を養っていこうと思っています

でもできることはやりつつも
天任せで執着せず、思いは《手放す》ことに気持ちをシフトしつつ。という心境です。
たけ

運の半分は自分で育てられる

こんばんは。

たけです。

明日、退院が決まりました!
みなさんから沢山の温かいメールをいただいて本当に感謝してます。

おかげさまで回復が早くて、12日間の別荘生活でしたが本当に励みとなりました。
『僕は幸せだなあ』by加山雄三さんの心境笑)。

病室 最後の夜だからこそ
ちょっと書いてみたくなりました。


◯自分の弱さを克服した強さは、他の人たちを救うための強さでもある〜
ジェームズ・アレン(作家/イギリス)


◯私たちは自分の身に起こったことで傷つくのではない。
その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである。
もちろん、肉体的に傷ついたり、経済的な損害を被ったりして、辛い思いをすることもあるだろう。
しかしその出来事が、私たちの人格、私たちの基礎をなすアイデンティティーまでも傷つけるのを許してはいけない。
むしろ、辛い体験によって人格を鍛え、内面の力を強くし、将来厳しい状況に直面してもしっかりと対応する自由を得られる。
ヴィクトール・フランクル(ナチスドイツの強制収容所で筆舌に尽くし難い体験をした精神科医 オーストリア)


今回でかれこれ通算すると
10回目の入院でして汗)。

今まで、本からも数えきれないほどたくさんの言葉が支えとなり、挫折する度に乗り越えて来れた訳ですが、20代はじめから病気や不調との付き合いが長くて、俺の運なんて最悪!って思い続けてきたけど、艱難辛苦だらけの人生で、運命を恨んだ時も多々あったけども

ですけど、弱音を吐いたことはあっても、グチグチと言葉に出したりはしないで腐らないできたつもり


もちろん、入院治療中…痛くて耐えきれずに
喚き叫んで取り乱したこともあったなあ。。


でも、こういった修羅場の時に

*運命は好転する 良くなる 参ったしないぞ

と思うか

*もう最悪!なんで俺ばっかりこんな目に合うんだチキショー(>_<)


と思うかが分かれ道のように感じます


また、視点を変えてふと考えてみて、、

仏さんは、こいつは見どころがあると思って、人の何倍も艱難辛苦を与えてくれたんじゃないか。

ということは??
もしかすると俺は運がいいんじゃないか。

そう思うようになってからは、自分の器以上にすいすいと願いが叶うように運ばれるような風が吹いて、思いもがけない良いことが起きるようになったんです
運は、何も神社仏閣への信心が深いことだけが大事ではないかと思います


もちろん、ここ最近の生活習慣や暮らし方に無理や問題はなかったか
など体調を崩した原因や心根を見つめ直し、出直そうと反省はしたつもりです

今まで以上に自分のからだの声を受け止めて
大事に過ごしていきながら、こんな僕だからこそ身をもって伝えることのできるものを丁寧にやっていこうと思います。

ああ、楽しみすぎて眠れないなあ。
いよいよ胸が高鳴ります!


最後に
あの日本一の商人 斎藤一人さんが大好きだとCDで仰ってる話しを紹介しますね。

◯2つの足あと

ある男の人が浜辺に横たわり、

ぼんやりと空をみあげていました

そのとき、今では自分は人生の道を

どうやって歩いてきたかが、

走馬灯のように浮かんできました


そして、男の人が今までの道のりを

振り返り見たとき、そこには二つの足跡が

あることに気がつきました

男の人は
こう思いました

「自分は、神さまと一緒に歩いてきたんだな」


ところが、道のところどころで、

足跡がひとつになっていることに気がつきました

足跡がひとつになっているのは

自分が苦しんでいたとき

悲しい思いをしていたときでした


男の人は、空を見上げて、こういいました

『神さま、どうして私がつらいとき、

悲しいときにお見捨てになったのですか』

そのとき、空からこんな声が聞こえてきました


『子よ、それは違う。オマエが苦しい時、

悲しいときに、私はオマエを背負って

歩いていたんだよ。

だから、足跡がひとつなんだ』


著書 心が千分の一だけ軽くなる話し〜より。

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足ツボマッサージ士たけ_たけろぐ_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹 茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足もみで、あなた自身が健康の
【主治医】になりませんか。

17年付き合った難病を乗り超え、また…続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

たけの施術の特徴など(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早3年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し7年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

出張足もみは現在、休止しております(リピーターさんのみ)。

「たけ」のお知らせ②

毎月1回・6回連続シリーズで
氣持ちよくて元気回復!
「足もみセルフケア講座」

をやっています。

「セルフケア習慣の大切さ」
「からだは変われる」面白さを体感してもらえたらと思っております。
次回は2月16日(土)。
第1部は10時~
・気持ち良く動ける《からだ教室》
第2部は【足もみセルフケア教室】11時~で 自律神経・ホルモンバランス・免疫力編です(募集中)

「たけ」のお知らせ③

【hotpeppper Beauty】

大竹茂足もみ整体院_ホットペッパービューティーへ掲載
ご予約や空きコマ情報は
こちらからも どうぞ。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム