FC2ブログ

食べ物と自然の生き方のつながりとは?②

台湾で学んだ本格足つぼ足もみで、足裏より悩みを根本から改善・解消。
足もみ士の「たけ」です。

昨日に引き続いて、自然な生き方について書いてみます。


「私は丈夫なんです。何を食べても平気です。あれこれと神経を使って、添加物がどうの、色素がどうのとうるさい事をいう人の仲間入りなどできません」と言う人が沢山います
 
ここで1つ、ちょっとした例え話をご紹介

三重県の平和な片田舎の村に突然降って湧いたような大事件が起きました。
これはある美男子が、隣家の未亡人を お妾さんにしたのです
これが自分の奥さんに知れて三角関係がもつれた大問題に発展…

そこでこの男は面倒だから2人とも殺してしまいたいと考え、理事をしている婦人会の集まりで、乾杯用のブドウ酒の中に農薬を入れたのです。
そう、毒ブドウ酒事件です


二人は即死しました。
しかしその他に死んだ人は5人、飲んでしまってから苦しみ出して騒ぎとなり、病院に担ぎ込まれてやっと生命をつなぎ止めたり、手遅れで病院で亡くなった方も出ました。

ところがたった1人、浜田能子さんだけは飲んでも何ともなかったのです。

この方は周りがもう大変な騒ぎで地獄図そのもの、はじめは苦しむ人々の世話をしましたが、自分も気持ち悪くなりました。バタバタ倒れて死んでいく人をみて、自分も死ぬんだと思ったので、夢中で家に帰ってお布団のなかで死にたいと思い、懸命に家への道を急ぎました

ところが途中で2度吐き、家の敷居をまたぐ直前にまた吐き、3度吐き出してしまいましたが、とうとうこの方は何の手当てもしないでも、よくなってしまいました。


皆さん、ここのところをよくお考え下さいね。

・飲んですぐ死んだ人
・飲んでから苦しみ出して病院に担ぎ込まれた人
・この最後の1人のように、飲んでも吐き出して何ともなかった人

3種類の結果が出てきたこと、不思議だと思いませんか。
同じものを同じ量だけ飲んだのに、これだけ大きな違いが出るとは…

⚫️栄養生理学的な説明

なぜこのような結果になったと思いますか?
これはその人の持つ自律神経が正常か否かにかかってくると思います。

いろいろな加工品やインスタントもの、オバケみたいな加工食品が氾濫し、メーカーは余計な添加物を入れて、大いに問題になっています。

だいたい、添加物などというものは食物ではありませんよね。肝臓が解毒のために大変な苦労をさせられ、やがて過労になってだんだん弱り果ててきます

そうすると充分な解毒はできませんから疲れてくるのは当たりまえ。
この疲れは血液の汚れから大脳の疲れや失調を呼び、神経の働きが
鈍ることに繋がります

あっという間に死んでしまった人は気の毒ながら自律神経が働かないで、吸収して良いもの、悪いものを選り分ける能力が失われていた人ですね。

本来なら、体の栄養になるものとならないものは、はっきり区別するように自然の営みは出来上がっているものなのですが。

それができなくなっていると言う事は相当に不自然な生活をして、肝臓も大脳も、そして自律神経までもが正常な働きをしていなかったと考えられませんか。

半分働いて、半分眠っているような人は第二の組。
飲んで少し経ってから苦しみだした人です。
半分吸収してみてたら、しまったと思って遅ればせながら自律神経が働きだしたため。

第三の、飲んで吐き出した人というのは神経が正常に働いてくれたわけですね。
吸収してはいけないことを早く感じ取って、吸収させないために吐き出すように働きかけ防御したのです

このように体は自然に防御態勢をとり、いざと言う時に大難を逃れるようにできています。
被害のなかった方は他の方々とは違っていました。

この方は玄米、自然食、自然農法で添加物や白砂糖抜きの食生活を、食養の指導者に教わってしていたそう。


事件のあったこの時、浜田さんは妊娠2ヶ月。
丈夫な赤ちゃんを産むために玄米の自然食が良いことを聞いて、どんなものを使って作られたか分からない加工品を避けて、全て手作りの自然のものを喜んで食べていました。

そうした生活が幸いして命拾いしました。
その努力が、神経の働きを正常にしてくれたわけです。

そして赤ちゃんは、このときの害を何一つ受けないで、素晴らしいお子さんとして育ったそうです

⚫️この事件から学ぶこと

この事件で、何を食べてもいいじゃないか、私は何を食べても平気だと言う人にとって、何らかの警告として受け止めなくてはならないと思いませんか?

自然の力は人間の知恵や力を超えて、食物を通してでもこのように働きます

慢性で特に悪性の病気ほど感性は眠ってしまっていて、痛いも苦しいもなく、タチの悪いものほど自覚症状がないのも共通していますね

ガンなどはその代表のようなもの、結核でも卒中でもタチの悪いものほど自覚なしというものが多い事も、食生活と関連して感性にも問題があり、考えさせられることではありませんか。

「私は丈夫です。何を食べても平気です」という人の中に、コロリといってしまう方が多いこと。周りにもいませんか?

自然が作り出す本物は、努力なしには生み出されない。

この努力が真心が、よい運命を作り出すのだと、浜田さんは命をかけて教えてくださった様に思います



この自然の教訓を皆さんご自分の問題として、もう一度見直すきっかけにして欲しいと思い、紹介しました。

毎日の生活の中で、その日の体調を確認できるやり方を持つと良いですね。
顔色や舌の色、体温などの観察、ヨガ、つぼ押し、自然療法の手当て、足裏マッサージなど…

ふりかえれば昔の僕はカップラーメンが主食でして、添加物や保存料、化学物質まみれでしたから(苦笑)

もし僕が毒ブドウ酒を飲んでたら、、、ある意味野性的というか、自然の感覚に素直な体を取り戻したい!と思いました。

(参考文献)あなたと健康 栄養通信講座より一部転記

スポンサーサイト

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足ツボマッサージ士たけ_たけろぐ_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹 茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足もみで、あなた自身が健康の
【主治医】になりませんか。

17年付き合った難病を乗り超え、また…続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

たけの施術の特徴など(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早3年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し7年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

出張足もみは現在、休止しております(リピーターさんのみ)。

「たけ」のお知らせ②

毎月1回・6回連続シリーズで
氣持ちよくて元気回復!
「足もみセルフケア講座」

をやっています。

「セルフケア習慣の大切さ」
「からだは変われる」面白さを体感してもらえたらと思っております。
次回は2月16日(土)。
第1部は10時~
・気持ち良く動ける《からだ教室》
第2部は【足もみセルフケア教室】11時~で 自律神経・ホルモンバランス・免疫力編です(募集中)

「たけ」のお知らせ③

【hotpeppper Beauty】

大竹茂足もみ整体院_ホットペッパービューティーへ掲載
ご予約や空きコマ情報は
こちらからも どうぞ。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム