FC2ブログ

震災から4年が経って思ふこと

もう、あの日から4年が経ちましたね。人それぞれ、いろいろな思いがあると思いますが、先週末ぐらいからテレビでも特集番組が多かったなと。

たまたま見ていたテレビの中で、津波で全てを流された方とキャスターとのやりとりで「がんばってくださいね」とキャスターが言ったところ

「頑張るなんてどころか、もう必死よ。必死にやってきただけなんだから」とおばちゃんが言っていたのが印象的でした。

まだまだ復興なんて進んでないぞや、政治家の皆さん方!
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、リンパマッサージ_東日本大震災から4年が。

一方、僕の住む郡山では、一見、日常生活がすっかり元に戻った感はありますが、除染の対策はまだまだ途上で身近なところです。

そんな中でも、3年前、2年前、去年とは雰囲気は変わりつつあるように感じてます。
ですがこの節目の日には、やはり改めて思い直すきっかけになりますね。

「忘れちゃいけないあの日」だから。

僕の4年前はというと、3·11の10ヵ月前にボロボロに痛めてしまった小腸、大腸の手術で、人工肛門(ストーマ)を付けていたんです。

ですが自然療法や食養の甲斐があって、そのストマーを外す手術を3月8日 (3日前)に無事終えたばかりでした。
震災後だったら、かなり手術の日が遅れただろうし、そうだったら、もう一生ストーマ生活だったでしょうから、もう《ツイてる!》としか思えないタイミングでした

ですが震災当時はベッドで寝たきりで唸ってまして。
あの惨劇はテレビの向こう側の世界だったんです。

病院内も相当揺れましたけど、被害と言う被害は幸いにしてありませんでした


ですが病院食を調理できない、薬が不足してるなどの理由で、軽症の患者さんはほとんど退院させられていましたね。
僕は絶食中で点滴のみの治療でしたから、4月30日まで最後まで入院して養生できたんです。

とにかくあの時は、この世の終わりか?地球は、日本はどうなるんだろう…て言うような絶望感と、家族とも電話連絡が取れなかったのでああ大丈夫か、、
とにかく肝を冷やしたのを覚えています。

幸い、妻や子供達は怪我することもなく無事だったのでほっとしましたが、連絡がついたのは2日後のことでしたから。


やはり思ったのは、この時家族の助けになることを何もできなかった無力感と、自分は病院という、守られた場所でぬくぬくと何やっているんだ…という焦り、焦燥感だけ。


この入院中、この福島でこれから何をして生きていくのか…そう自問したときに、自分にはもう足もみで人の役に立つ事しかない、と頭に、胸にぐつぐつと静かに煮えたぎっていた感覚というのかな、
とゆうかこれしかないという状態に向けられてましたし、さぁそこでどうする?と思いながら考えたのは、足つぼといったら本場は【台湾】としか浮かばなかったんです。

地元の郡山でスクールに通って…というような平坦な、当たり前な無難な選択肢はありえないと思いまして。アホですよね(笑)。


とにかくじっとしてられなかったので、退院したらすぐ台湾で学びたいと思った矢先に、なんと台湾政府による復興支援の一環で、【2週間も無料で台湾へ招待します!】との保養プログラムを新聞で発見!

台湾政府は、世界一の復興支援を素早くしてくれた事実、ご存知でしたか?

もう、妻を説得して納得してもらって即、応募したのを覚えてます


おかげさまで当選しまして、足つぼを学ばせて頂ける師匠は?と調べていくうちに、巨匠と呼ばれるような一流の先生方に手紙やお電話をしまくったんです。
これも無謀だったのかもしれませんけど、想いは言葉が分からなくても伝わるもんですね。。

日本語もある程度通じて、しかも30年以上の大ベテランでもあり、大統領(総統)クラスのVIPやら金城武などのスターもお忍びで施術を受けるような超一流の「謝武夫」先生から承諾をいただけたんです!とにかくもう光栄で嬉しかったですね。

「大丈夫か俺?」とも思いましたけど、もう情熱と勢いは誰にも止められなかったですから(苦笑)。やるしかないとの思いで、それこそ必死だったのを覚えています


「私は被災した方への支援はできない代わりに、福島の人が福島の為に、福島の人同士で支え合って手を取り合って、復興していってほしい」

「僕の30年以上培った、足つぼの経験を全て授けるから活かしてほしい」



との想いを受けて、謝先生からマンツーマンで2週間びっちり、修行させていただいたのは夢の様な日々でしたね。今思えば観光、、ほとんど行かなかったのは勿体なかったかなと(汗)。


もちろん、2週間で先生のキャリア全てを…など甘いものではないけれど、あれから4年が経った今、あらためて
【原点】を忘れず、ブレずにやっていこうと。

今年こそは先生に会いに台北へ行くぞ!と密かに胸に秘めながら、毎日の生活に感謝しつつ丁寧に、そして楽しみながら思いっきり生きよう、、と思い直した本日です。


最後に、~魂のロックバンド~ 「おかん」の【Independent】をどうぞ。

「いつ俺たちは死んでしまうかわからない

伝えたいことを伝えたいひとに

やりたいことを やりたいときに やっていかんと

ほんまに大切な人のために

生きているなんか そんな甘ったれないことや

あなたが幸せに生きてこそ

あなたが笑っているからこそ

あなたが大切にしたい

笑ってほしい人が笑ってくれる

あなたが幸せにならな

誰も幸せになられへんのやから

一歩踏み出すだけで

一歩踏み出すだけで決心は変わるから

そのあとは俺らがなんぼでも応援したるし

周りにおる仲間がぜったいにサポートするから

あなたはあなたの足で一歩踏み出すこと

人生はまだまだこれから

1日でも2日でも人生残っているんやったら

おもいっきり笑って ばんざいして 死んだろう」



 
スポンサーサイト

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足ツボマッサージ士たけ_たけろぐ_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹 茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足もみで、あなた自身が健康の
【主治医】になりませんか。

17年付き合った難病を乗り超え、また…続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

たけの施術の特徴など(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早3年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し7年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

出張足もみは現在、休止しております(リピーターさんのみ)。

「たけ」のお知らせ③

【hotpeppper Beauty】

大竹茂足もみ整体院_ホットペッパービューティーへ掲載
ご予約や空きコマ情報は
こちらからも どうぞ。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム