FC2ブログ

なんでもない番茶がこんなにおいしいなんて。

台湾で学んだ本格足つぼ足もみで、足裏より悩みを根本から改善・解消。
足もみ士の「たけ」です。

雨がシトシトとささやく入院先の病室にて、、、


実は私「たけ」ですが、5月の後半から入院をしてまして、6月5日に手術、

そして術後1週間が過ぎて、久しぶりにブログを書こうという気が湧きました。
ふぅー。


郡山で整体、マッサージ、骨盤矯正ダイエット、リフレクソロジー、フットケア、足裏足つぼをお探しなら_手術前日の空_病室の屋上より手術をしたのは、慢性的な炎症によるS状結腸が細く狭まり、腸閉塞気味になっていた部分と、そのそばにある小腸が癒着をしてたようで、その切り繋ぎで今回、約40センチも腸が短くなることに。

腸さん、お腹さん、ごめんなさい…。。


そんな中ドクターのご尽力の甲斐があって、おかげさまで6時間半もの手術は成功しました!

今はトイレにも自分で歩いていけるほど回復してきたところ そしておしりからはウ◯コ(運好)もでてくれて、密かに手を合わせて感動してます笑。


僕はクローン病を患ってからもう17年、入院はもう慣れたもんでして(汗)
6~7回目になりますが今回は自分史上、いままでで最高にキツい療養生活です


このブログ記事、できるだけ愚痴や泣き言にならないように書くつもりですが、ありのままに〜(byアナ雪)書いちゃいますね。
読んでみて不快に思われた方はすぐ他のページへどうぞ。


で、今回の何が1番キツいのかと言いますと

腸閉塞の痛み
鼻管の痛み
お薬の副作用(不眠、冴えて眠れない、ぼーっとして前向きな思考が湧かない)

などなど、、消化液が腸に流れて刺激になるらしく、それを鼻管を入れて吸い上げるのを計8日間もつけてました

それが本当に痛くて苦しくて、、


「もう手術なんてしなくていいからこの鼻管を外して退院させろ!」
「ふざけんな!」
「何で俺がここまでの思いをしなきゃなんねーんだって」


もう、支えてくれてる妻の気持ちとか、息子たち2人の写真や動画をi-phoneで見ても勇気が湧いてこない
美人な看護婦さんたちからの声かけも、うざったく感じる始末で、本当に誰でもいいから楽にしてくれ。。という思いばかり

痛みや苦しみは本当にツラかったけど、その痛みに耐えきれなかった自分が情けなくて…。


ですがそんな中でも、明るい希望と心の支え、よりどころになった一つの事を書きますね。


今回の入院でも多くの本を持ってきていましたが

「完訳 七つの習慣 (スティーブン・R・コヴィー著) 」


に書かれていた文言を転記します



■刺激と反応の間 P78〜
これらの質問に答える前に、ヴィクトール・フランクル(オーストリアの精神科医・ナチスドイツの強制収容所に送られ、筆舌に尽くし難い経験をした心理学者)という人物の衝撃的な体験を紹介したい。


ある日のこと、フランクルは裸にされ小さな独房に入れられた。
ここで彼は、ナチスの兵士たちも決して奪うことのできない自由、後に(人間の最後の自由)と自ら名づける自由を発見する。

確かに収容所の看守たちはフランクルが身を置く環境を支配し、彼の体をどうにでもできた。
しかしフランクル自身は、どのような目にあっても、自分の状況を観察者として見ることができたのだ。
彼のアイデンティティは少しも傷ついていなかった。何が起ころうとも、それが自分に与える影響を自分自身の中で選択することができたのだ。

自分の身に起こること、すなわち受ける刺激と、それに対する反応との間には、反応を選択する自由もしくは能力があった

彼は他の収容者たちに希望を与えた。
看守の中にさえ、彼に感化されたものもいた。

彼がいたから、人々は苦難の中で生きる意味を見出し、収容所という過酷な環境にあっても尊厳を保つことができたのである。


■【主体性】の定義
私たちの行動は、周りの状況ではなく、自分自身の決定と選択による結果である。

私たちは自分の身に起こったことで傷つくのではない。その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである。

もちろん、肉体的に傷ついたり、経済的な損害を被ったりして、辛い思いをすることもあるだろう。
しかしその出来事が、私たちの人格、私たちの基礎を成すアイデンティティまでも傷付けるのを許してはいけない。

むしろ、つらい体験によって人格を鍛え、内面の力を強くし、将来厳しい状況に直面してもしっかりと対応する自由を得られる。

そのような態度は他の人たちの基本となり、励ましを与えるだろう。




■著書「夜と霧」より転記

およそ生きることそのものに意味があるとすれば、苦しむことにも意味があるはずだ。
苦しむこともまた生きることの一部なら、運命も死ぬことも生きることの一部なのだろう。

苦悩と、そして死があってこそ、人間という存在ははじめて完全なものになるのだ。


もういいかげん、生きることの意味を問うことをやめ、わたしたち自身が問いの前に立っていることを思い知るべきなのだ。
生きることは日々、そして時々刻々、問いかけてくる。

わたしたちはその問いに答えを迫られている。
考え込んだり言辞を弄することによってではなく、ひとえに行動によって、適切な態度によって、正しい答えは出される。




フランクルさんの体験に比べたら僕は笑っちゃうくらい恵まれてるかもしれない

手術の前にこうした素晴らしい言葉に出会えて、痛み苦しみに対する反応や見方を変えることができて、何とか乗り超えられました。

ですがもう、これからは何が起きても乗り越えられる気がしてます!
今は絶食が明けたら何を食べよう…そんな妄想族になってますが(汗)


足もみ士としての復帰を応援してくださるみなさん、順調に回復していますのでもうしばしお待ちくださいね。
弱い自分も認めながら、今まで以上に「病気や苦しみの辛い気持ち」が理解でき、解決するお役に立てる治療家として前へ進んでいく思いが強まりました。

本日のブログ、長くなりましたが、読んでくださいまして感謝してます。


追伸) たった今、9日ぶりに水分が解禁☆ 番茶を飲みました!
こんなにお茶やお水が甘みがあっておいしいとは、、ささやかながら感激です^ - ^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://asiuraoasis.blog.fc2.com/tb.php/247-7b428cc7

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足ツボマッサージ士たけ_たけろぐ_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹 茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足もみで、あなた自身が健康の
【主治医】になりませんか。

17年付き合った難病を乗り超え、また…続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

たけの施術の特徴など(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早3年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し7年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

出張足もみは現在、休止しております(リピーターさんのみ)。

「たけ」のお知らせ②

毎月1回・6回連続シリーズで
氣持ちよくて元気回復!
「足もみセルフケア講座」

をやっています。

「セルフケア習慣の大切さ」
「からだは変われる」面白さを体感してもらえたらと思っております。
次回は2月16日(土)。
第1部は10時~
・気持ち良く動ける《からだ教室》
第2部は【足もみセルフケア教室】11時~で 自律神経・ホルモンバランス・免疫力編です(募集中)

「たけ」のお知らせ③

【hotpeppper Beauty】

大竹茂足もみ整体院_ホットペッパービューティーへ掲載
ご予約や空きコマ情報は
こちらからも どうぞ。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム