fc2ブログ

自分への質問~本当に治りたいのか?~

僕はかれこれ15年以上も(2012年時点で)、クローン病という消化器系の難病(自己免疫疾患で今は特定疾患という)病いと付き合って、正直に言えば闘病ライフきれいごとではなく、なかなかつらくてしんどい生活を過ごしてきました

体調どん底で心が折れた時も、それは数えきれないほどありました

郡山市開成山公園の風景より_大竹茂足もみ整体院

今振り返って考えれば、その現象の根っこの原因と、解決や改善する方法の割合は、ズバリ言って6~7割がた、心や言葉使いと考え方(脳の使い方も含めて)、それと毎日の生活の過ごし方が占めるのではないか…と気づいたんです
あくまで「たけ」の個人的感想デスので)。

私の体験談として、どうやったら良くなったの?という内容はとても範囲が広いんで、今後具体的に小分けに少しずつ紹介していきますが、今日は


~自分への質問~
「お前は本当に治りたいんか?」


もちろん、病気で悩んでいる状況はリクツ抜きで苦痛で、出来る事ならすぐにでも良くなって

「好きなものを好きなだけ食べたいー!!!!!」(うな丼が好物☆)
「温泉とかの旅行や遊びに行きたい!!!!!!」
「あ~したい、こ~したい〇×△xyz……」


入院中などはそんな事ばっかりの妄想の毎日で
発症してからここまで15年もの間
1日たりとも病気のことをすっかりと忘れて過ごした日はなかったなあ。。。



ですが医学的に、また生活習慣の積み重ねがどうだこーだという科学的で複雑な原因ももちろんあるけれども、(ざっくり言って)ストレスや心の弱い部分だったり、何か今の環境から逃げたい思いを、《脳》自体はストレスを受けたくなくて脳の外に吐き出すために指令を出し、からだ全身あちこちの体質的に弱いところへ信号を送って血管を収縮させ(交感神経)→血流を落として固くなり痛みが出てきて→→やがては病気ということに…

脳はストレス、痛みから逃げるんです

僕はその仕組みを知ったことで、自分の脳に


「もうやめろよ!お前のせいだって分かったからな!いい加減にしろよ!!〇×日までに腸の炎症をやめろよ」
「俺が治らないのはおかしい」


と鏡を見ながら
自分へ毎日言い聞かせたんですね。

脳って、全体の数%しか使われていない、ものすごい能力を秘めていてチョー優秀なくせに、逃げてサボろうとする《じゃじゃ馬》みたいな特性があるらしくて

「おかしい」って
毎日、自分に言い聞かせているうちに、「おかしい」理由を脳は探し始めて

そして、
本当に、日に日に体が軽くなっていくのを実感…


また周りから「やめなよ無理だって×!」のマシンガン攻撃だった初挑戦!の猪苗代ハーフマラソンも、体へのダメージもなく楽しく完走!(人生初チャレンジ初完走)できたし、食べるものに制限だらけの状態の中で台北へ2週間行って、食べるもの全て屋台や外食オンリーで、充実した足もみの修行の期間を過ごしてくることができたんですよ。


日本にいるときですら、ヘルシーな外食でさえ2か月に一回程度しかありえなかったのに。。
台湾料理は正直言って脂っこいしチョット不衛生??

病院の栄養士さん的には×××!!!なのにネ(-。-)y-


それでも、おいしく食べて満喫してこれたのです。
自分の中では思いもよらなかった奇跡的な体験でした!


病気が治ったとしたら

「人生で何をしたいの?」

といった、少し壮大なテーマではありますけれども、そこが意外に心の中ではっきりしていませんでした
ただ漠然と遊びたい~とか、その状況から逃げたい!と小さく考えていただけで…


その、つらい状況を
自分自身で自覚をしていないとしても、、
深層心理として意外に居心地がよいのかもしれないという事


~家族や周りがやさしく心配してくれる~
~楽ができる~
~働かなくていい 学校へ行かなくてすむ~
~病院の(美人)な看護婦さんがやさしく見てくれるetc~



子どもが学校へ行きたくなくて、朝になると原因が分からないのに何故かおなかが痛くなる、休んで夕方になるとすっきり良くなる‥なんて話は聞いたことがありますよね。

これは非科学的ではありますが、心と脳の仕業

そして人はどんなに良い変化、良くない変化さえも
変わることを避けたがる・嫌がるという法則があるようです


病気も治ってしまうと、前に進まなければならない。
それを恐れて、病を手放せない。


僕も認めたくはないですが、一番苦しんでいる時でさえそうだったなと。



おかげで今は、難病のクローン病を乗り越え(医学的には治らないままでも共存しながら元気に過ごせるコツを確立した)、たまたま入院先の図書コーナーで見つけた足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった-官有謀という本に出合い、自分の足をもんでもみほぐしていったことで元気を取り戻せた
~台湾式足つぼ足もみで、はたを楽にする(はたらく)~という生きがいをつかみ取れたことで【自分軸】ができました。自信とも言えるかな?

人って、自分のためだけだと、甘いんだけど
他人のためならがんばれるんですよね。


闘病中で
希望の光が見えずに悩んでいるあなたへ。

ゆっくりと心静かに
病気の本質・根っことは?を考えたり、
肚の奥底(リトルと命名)とじっくりと向き合うきっかけとして

「本当に治りたいんか?」

と自分に質問してみてはいかがですか?
(もちろん関西弁でなくて構いませんよ(^^♪)
  

《台湾式足もみセルフケア健康教室》
《女子力up♪美容ヘッドケア教室》
《足育からだ教室(こども対象)講座》を、郡山市の生涯学習支援事業
《達人先生》に講師登録させていただいております


◇足つぼ足もみ施術の
ご予約や空きコマカレンダー情報など
クービック予約システムから予約する
 
◇ご予約・お問合わせ電話◇
足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号

院長 たけはこんな人です(Note)

福島県郡山市エリアで確かな技術、全国からも通う人が多く評判が良い整体や治療院をお探しなら_大竹茂足もみ整体院_福島県郡山市根本から変われる。それが可能なのは
本場台湾・台北で学び、研鑽を重ね
良くなった人が大勢いらっしゃる伝統技術です。

peypey・D払い(スマホ決済)使えます。
大竹茂 足もみ整体院
http://asimomi-take.net/
 
○営業時間 
平 日 :10:00~18:30
土曜  :10:00~18:00
日・祝 :10:00~17:00

健康情報の動画など公開中!
INSTAGRAM → インスタグラム_大竹茂足もみ整体院_asimomi_take.jpeg

気軽にLINEで無料相談★ 

 

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://asiuraoasis.blog.fc2.com/tb.php/37-b41ac29a

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足つぼマッサージたけ_腸トラブルの専門家_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足裏には『こうなりたい』という
カラダからのヒントは必ず出してくれていますよ。

20年も苦しんで付き合ってきた難病から這い上がれたきっかけは……続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

足もみたけチャンネル(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早7年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し11年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

足もみ健康法オンラインレッスンや、 120分TAKEスペシャル推奨期間です。

「たけ」のお知らせ③

クービック予約システムから予約する paypay(ペイペイ)・D払いもご利用可です

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

グーグルビジネスページへの口コミご投稿どうぞよろしくお願いします!
当院への口コミ・ご感想は
こちらから よろしくお願いしますm(__)m

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム