FC2ブログ

難病(特定疾患)でさえ良くなる方法

台湾で学んだ本格足つぼ足もみで
「足裏」から全身の悩みを根本的に改善・解消。
キセキの足もみ職人「たけ」です。


自己免疫疾患(じこめんえきしっかん、英:Autoimmune disease)とは、異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす、免疫寛容の破綻による疾患の総称。
自己免疫疾患は、全身にわたり影響が及ぶ全身性自己免疫疾患と、特定の臓器だけが影響を受ける臓器特異的疾患の2種類に分けることができる。関節リウマチや全身性エリテマトーデス(SLE)に代表される膠原病は、全身性自己免疫疾患である。
※ウィキペディアより転載


難病指定(今は特定疾患と呼ばれる)されている場合が多く
症状や発症部位、抗体の種類によって病名が変わり

・関節リウマチ
・全身性エリテマトーデス
・潰瘍性大腸炎
・クローン病
・シェーグレン症候群
・ベーチェット病
・ギランバレー症候群
・原田病など

公費負担で治療してもらえるもので
130種類


これらの病気の共通点は
自己免疫が過剰に働いて自分の組織を攻撃・破壊してしまうという状態。

現代医学ではステロイドやレミケードなどの生物製剤といった薬を使い、
症状を緩和するのが一般的。

これは「治す」ための投与ではなくて、あくまで少々を抑えるための「対症療法」でしか効果というか、決め手となる治療法は未だに無いんですね。


僕も20年近くクローン病を患ってきて、必然的に沢山の事を体験を通して学び、勉強してきました

僕の体験談に興味がありましたら下記をどうぞ↓
http://asiuraoasis.blog.fc2.com/blog-entry-304.html
http://asiuraoasis.blog.fc2.com/blog-entry-294.html


現代医学で、難病の原因は【不明】との解釈
僕の考えですが免疫細胞は
理由があるからこそ
過剰に働いているわけで

その結果として
炎症を起こしているのでは
ないかと考えています


たけの足つぼ足もみサロンにお越しで
難病に悩み苦しんでおられる人と向き合う上で

患者さんをとりまく社会環境・家族構成や
患者さんの食生活は?
姿勢は?血流の滞りは?
生き方・考え方のクセは?
根っこである部分は何か


など、考えられる要因を通して気づいたことと、足裏の状態とを結びつけながら診させていただき、状態のご説明と改善への課題をお伝えしています


・農薬・薬
・保存料・着色料などの食品添加物
・住宅系有害物質・カビ〇ラーなどの類
・イーストフード・環境ホルモン
・シャンプーや柔軟剤などの経費毒
・石油系由来の衣類
・人口電磁波の帯電
・大気汚染物質など…



こうした物質が腸管から吸収されて
肝臓へ行き、そして血液に混じり、
血管を通って全身を巡るもの

これらの毒を排除するために
免疫反応を高めているのだと
私は考えます


しかし現代医学では、
その免疫反応を
薬で抑えよう、下げようという考え方

すると当然、炎症は治まりますが、
原因となる毒は体内に
残ったまま排出されません。

原因が残ったままで、
薬を手放せない状態が続くから
いつまでも完治しない
難病となるのだと思います。

もちろん現代医学・西洋医学を
否定しているわけでは
ありませんよ。

僕は、西洋医学のおかげで何度となく命拾いしてもらえた事か、、


7回も繰り返してきた入院の常連さんでした…症状が過剰に出ている時は、
薬の力を借りて症状を一時的に
楽にするのも大切です
だって辛いものはツラいもんね。。

特に10~20代の若い世代の子には本当に気の毒だなあ。と感じながら目の当たりにしてきました


ウイルスと違って、こういった化学物質はゾンビみたいでいくら免疫部隊が攻撃しても死にません

死なないと悟り、攻撃を諦めて
体外へ排出してくれればよいものを
免疫のミサイル攻撃をやめないので、自分の粘膜にまでダメージが起きてしまい、炎症(火事)状態が続くという状態なのでは?と捉えています

自律神経や免疫・ホルモンなどの司令塔的役割を果たす中枢へ
【自分で律することの出来ない】部分なので実体がない、というかアプローチの仕方はどうやって?と思いますよね。

でも、、
あるのですよ。

ここに刺激を伝えて
本来の働きを取り戻すため、東洋医学の伝統療法である《足もみ》なら。

自己免疫疾患・難病に効果的な足うらの反射区です
【自己免疫疾患の改善に効果的なオススメの反射区】

食事が問題だとしたら⇒自然に近い、良い食事へ変え
薬草茶などで排毒をせっせとすすめからだの大掃除!

その後、数か月かけて
ステロイドを減薬し、(自己判断しないで!医師と相談の上)
断薬を目標に、炎症や潰瘍の起きない、クリーンで穏やかな身体へと体質改善をめざしませんか?

もちろん
膠原病をはじめ、自己免疫疾患体質の改善には
時間を要します。
根気も必要

しかし、

進行が緩やかになる

進行が止まる

波がありながらも改善方向へ進む


と、僕自身が良くなった体験をふまえ
信念と自信を持ってあなたに向き合いますから。


もしあなたの周りに、膠原病や自己免疫疾患の
難病で光が見えない患者さんがいらっしゃったら
そっと伝えてあげてくださいね。
『足つぼ足もみ』も良いらしいよ~って笑。

僕がどうやって体調どん底から立ち上がれたか、、などなど具体的なアドバイスも聞いてみたいという方はぜひ1度ご連絡くださいね。
ウンチクはこの辺にしておいて、僕の顔や姿を見てもらうのが1番の説得力なのかなと思います

追伸)
〇クローンさんZOOMおしゃべり会をはじめました(毎週木曜日・無料デス)


推奨記事)
薬をなるべく使わないお医者さん 本間真二郎Dr.のブログ(那須烏山市在住)
◇微生物を排除してきた歴史と病気との関係
 ~アレルギーや自己免疫疾患が増加している最も重要な原因~
http://ameblo.jp/rutorl/entry-12089224987.html?frm_src=thumb_module


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
◇ご予約・お問合わせ電話◇
足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号

大竹茂足もみ整体院_たけプロフィール写真〇お問合せやご質問などはこちらのフォームから

自己紹介ページは(Note)

全身あちこちの問題を変えられるのは
脳から一番離れている末端の足からこそ。

大竹茂 足もみ整体院(福島県郡山市開成)
http://asimomi-take.net/
 
INSTAGRAM → インスタグラム_大竹茂足もみ整体院_asimomi_take.jpeg
 

コメントの投稿

非公開コメント:

トラックバック:

http://asiuraoasis.blog.fc2.com/tb.php/376-f59a8ebc

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足つぼマッサージたけ_腸トラブルの専門家_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足裏には『こうなりたい』という
カラダからのヒントは必ず出してくれていますよ。

20年も苦しんで付き合ってきた難病から這い上がれたきっかけは……続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

足もみたけチャンネル(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早5年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し10年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

足もみ健康法オンラインレッスンや、 120分TAKEスペシャル推奨月間です。

「たけ」のお知らせ③

クービック予約システムから予約する peypey(ペイペイ)も使えます。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

グーグルビジネスページへの口コミご投稿どうぞよろしくお願いします!
当院への口コミ・ご感想は
こちらから よろしくお願いしますm(__)m

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム