FC2ブログ

月刊誌「あなたと健康」12年7月号

7月号の月刊誌の表紙は「たちあおい」。
今までどんな花か知りませんでした 立葵を。詳しくはこちら

調べたら会津若松の市花だったんですね。料理にしたらどんな味なのか食べてみたいなあ!

この7月号を友人にあげてしまいようやく手に入りました(>_<)
ずいぶんたちましたが読み返してご紹介を。

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康~12年7月号~表紙は「たちあおい」。~気に留まった言葉やフレーズ~

巻頭言 歴史は語り続ける

料理教室で勉強中のTさんの家は朝晩ごあいさつする習慣なので
「大丈夫!神様、ご先祖様におねがいしてごらん」


胃腸を丈夫に、完成を養う~東城百合子氏~

 硬いものを根気よく、よく噛んで食べるとこめかみが働いて脳に響いて、全身の細胞も活気づいて頭もよく働くようになる。

弱いからと過保護にして神経ばかり使ったら、胃腸も疲れてうごけなくなる。
よく噛む → 全神経が活発になる → 直感力、判断力、決断力も育ちドシっとしてくる
※ただし腹八分 食べ過ぎないこと


病気を治すのではなく心を治す~常岡一郎氏~

人間は体の持ち主ではない 借主。
その借主たる人間の魂の通ってきた道、心の使い方、これが身体の表面に映し出されている。
体を本当に治すためには心理に添うように心の使い方を変えることが大切。

常岡先生は死線を2回さまよう → 病を治すことは、私の考えるべきことではない。
私の身体の使い方、使う目的、使う方向。
これが大自然の御親の心に添っているかどうか。
→ 大自然の親の望まれることを必死に求めた


いのちの故郷に還る(九十)~お天道様は見ている知っている~

何を食べ、どう手足を使い、どう生きてきたのか。
それを日本人は遠い昔から"お天道さまは見ている。食べものを捨てたら目がつぶれる"
と代々伝え続けてきた
    ↓
心の目をを忘れたら感謝を忘れる。みえない心の重みを日々の接触(掃除、料理、洗濯)の中で教え悟してきた


体質を考えよう

健康に関する知識も高くなりましたが、塩分一つでも情報過多で自分を見失ってしまう人も少なくありません。
あふれる情報に流されずに無理なく実行を続けると体が教えるから、これを学びに人生を開いて参りましょう。


学校の勉強ばかりが勉強じゃない―不登校の子供の子育て-

健康な体、心を養うには日々の生活から。
学校の勉強云々とお尻を叩くより、台所に立ってお母さんと共に料理の手伝いをする勉強は、人生の基礎。

苦労も知らず唯アタマだけの勉強をして就職しても3年後には52%辞めている時代。
これからは心を養い、思いやりのある人材が大切にされる。


そろそろ砂浴の季節です~砂に学びましょう~

砂浴は掘って入ればいいが、砂の中にある自然の力が砂を通して働く。
この自然の力を納得して指導を受けないと事故につながり危ない。
全身の大掃除が好転反応。

砂に感謝し、砂任せの気持ちではいれるかどうか、その心が奇跡のごとき現象を見せてくれる

「たけ」も1度猪苗代湖で体験しました。
とにかく砂の中では、砂の重みのせいか心臓の鼓動がはっきり感じ取れて、上がってからは肌がピリピリして痛かったのを覚えています。
おそらく毛穴から毒素や自然の力が出入りしたのでしょう。
今年も9月の前半に行く予定!ひそかに楽しみデス(~o~)


被災地に届く支援金
義援金は日本赤十字が一時預かるだけで、各地方の行政機関に送られ配分される

支援金は日赤の活動のために使えるお金。
即座に現地活動に役立つ寄付になる


食べものと健康

昆布
 ヨード含有量は多くて、カルシウム、リン、ビタミンA、B1、B2、Cと有効な成分が豊富。
このヨードが甲状腺がつくるホルモンの成分になり、食べものの消化吸収を正常にする作用がある。
甲状腺を健全にするには、昆布に勝る食品はない!

どくだみ
 貼っても食べてもお茶に煎じて飲んでもよし!
浄血、利尿、殺菌、解毒、血管を丈夫にするなど、内臓全体の働きを助けて病気も自然と快方に向かう


読者の広場

千葉のYちゃん、本屋のバイトもしてお給料の1割を寄付したり、車の免許をとるのにガンバったりする姿や様子を聞くたびに僕のほうが元気をもらって励まされます。
 

月刊誌「あなたと健康」12年特集号(第35号)

年に1回、月刊誌とは別で縁のある方に無料でお渡しする特集号です。
表紙は「たんぽぽ」。
郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康月刊誌特集号の表紙は「たんぽぽ」。

毎月の月刊誌も内容がとても濃いですが、特集号はまとめきれません!
とにかく1行1行を良く噛んで味わって(読んで)ほしいです。
興味のある方は連絡ください。

~気に留まった言葉やフレーズ~

●絶望が希望に~巻頭言~
東城百合子先生の経験。今から約60年前、医学では死ぬと言われた病気から玄米食や薬草、野草など自然の力をいただいて立ち上がり、これからという時に家が火事で丸焼け。物資も食料も足りない時代にも関わらず、近所の方々の助けで救われたとの事。
たとえ病気や家事ですべて失っても、「きれいさっぱりだなあ。これからだよ」と”いのち”の方が大切なんだという父の言葉で希望を見い出し、頂いたいのちの重さや尊さ、自然の力(お天道さま)の思いやりと親切を伝えることこそ御恩返しと決意しての再出発。

●玄米~現代病を救う抗公害食品~
 ・万病に効く玄米の力
 ・少なく食べて、大きく動く

●家庭を築く嫁の立場~常岡一郎氏~
 ・嵐に巻き込まれない心
 ・人の機嫌はとらない

●お天道さまは見ている知っている~家事手伝いが人生を開く~

「あなたと健康」はマイナスからのスタート。東城百合子先生の健康運動は体の健康だけではない。
郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康が考える5つの調和こそ真の健康生活の健康
心の健康
思想の健康
運命の健康でいのちの源のお天道さまを目指す。


 ・さら地から新しい開拓
 ・この日のために育てた
 ・生活の中にある母の教え
 ・食生活は人間改革
いのちある食とは、この大地と海が育てる。機械や食品添加物入りの食品では、いのちが消えて、余計な人間の知識や理屈が入り込む

 ・男女は平等。同権ではない
 ・家庭は母の城
 ・原爆の中を生きた母たち
 ・歴史が語りかける
 ・歴史の勉強をしよう
新しい日本の歴史」「13才からの道徳教科書」が市販されているので大人にも大切な内容
 ・世界地図を変えた日本


●健康は生活の中で育つ~社長・五来純氏~
あな健の料理教室や相談室には体に現れた病気を治したい方が多く集まる
     ↓
あなたの根性を治すこと(性格ではなく、自然に添わない生活を正す~東城先生から)  

 ・根性の大切さ
 ・病気で教えられる
~毎週月曜日に自然療法の基礎勉強会を開催~あなたと健康社

●手軽で効果のある手当法
 ・足浴と腰湯
足には毛細血管が集まっていて、全身がさわやかに身軽になるので面倒がらずにトライしてみては?

 ・里いも湿布
炎症や熱を持った痛み、打ち身、捻挫、乳腺炎、リウマチ熱などに効果的。
重苦しいい痛みや炎症を吸い取ってくれる
 
 ・コンニャク湿布

 ・豆腐湿布(熱取りの妙薬) 他にもびわの葉温灸など自然療法のお手当は多くありますので、地域のリーダーさんなどにやり方を聞いて、ご自分で続けられるよう実践して欲しいです。

●あなたと健康「栄養教室通信講座レポート
結婚して6年の奥様のレポート。当初は掃除や片づけ、早起きも苦手でご主人がマメな方でいつもやってくれていたそうです。
そんな奥様が、あな健で愛の叱咤激励によって生活が変わると価値観までまったく変わって幸せを実感している。さらに今は自宅を開放して、先生のいない料理教室を開。
ピーチクパーチクさえずる先生のいない「すずめの学校」だそうです。東城先生ナイスネーミング^^

だめでもだめでない。天は見ている知っている。どんないのちも尊い。

●手作り料理
 ・おいしい玄米の炊き方
 ・伝統の基本食~ご飯、味噌汁、お漬物~

最後に、この特集号を何のために無料配布しているか?の思いをご覧ください。
僕も数年前に何となく頂いた1冊の「特集号」がきっかけで、病気も人生も大きな助けになったと感謝が深まるばかり。
どなたでもこの本で運命が開けるように願いますし、ともに学ぶ仲間のご縁も広がればうれしいです。

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康特集号の配布運動に協力下さる皆様へ思い

 

なんでそこまで…

今日の郡山は、台風の影響で夕方から雨足がすこしずつ強く。

そんな中、仕事の足もみでおじゃましたお客様の、心の温かさに感動した話を紹介させてください。

雨の降る中、車でご自宅へ向かったら、わざわざ分かりやすい十字路まで出迎えして待っていてくださったこと、

足もみが終わった際には、足湯フットバスなどの後片付けなど、当然遠慮したんですが手伝ってくださったこと

帰る時、道具を車へ運ぶのに、「濡れたら大変!商売道具なんだから大切にしなきゃ」と言いながら、大きいバッグなどもビニール袋をくださり包んでくださったこと

手作りの白菜の浅漬けとおいしいお茶をふるまっていただいたこと


商いの世界で長年積み重ねてきた、器の大きいお客様にただただ恐縮するのと、人との接し方を見習いたい思いです。
なんでそこまで大切なお客様みたいにおもてなし出来るの?って思いませんか?

本当にたくさんの人に助けられて支えられて、良いご縁をこれからも大切にしたいです。

このお客様みたいに思い遣りが深くて温かく、器の大きい方を「人」として尊敬しました。

僕の出来ることでますます元気になってほしいなあ^^

月刊誌「あなたと健康」12年6月号

6月号の月刊誌の表紙は「あじさい」。

新緑が眩しいって感じている内に、もう間もなく梅雨が来るなんて季節の移り変わりは早いですね。
郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康月刊誌6月号の表紙は「あじさい」。

~気に留まった言葉やフレーズ~

●幸せは己を知ることから~常岡一郎氏~

風でさえ、出口がなかったら入ってこない。成程!入れることだけ考えても駄目。

栄養でもお金でもまず「出すこと」に意識を持ってこれる人はうまくいくと思いました

常岡先生は自分育てのために、知恵も力も絞り切ればいいと「中心」を書き続け、大喀血で命がないと言われても明るく縁を切れたとの事。病こそ己を知るチャンスであり勉強。


●いのちの故郷に還る(八九)~次の時代に伝え残すもの~

終戦から66年が経ち、今の80代がいなくなったら誰が伝え残すのか。
3月の長崎講演会、佐賀講演会は「気」が入り熱気で一杯。
次の時代を想い、この母国日本を思う心は会場に伝わる


~長崎講演の時に張り出された詩~

次の時代の
お父さんを育てるのはお母さん。
次のお母さんを育てるのも
お母さん。
ゆりかごを動かす手は世界を動かす。
お母さんが社会を変える


●好転反応は治癒するための転換期

私の足もみも同じですが、食事療法や自然療法を実践することによって血流が良くなり、細胞の新陳代謝が活発になり、体が本来の姿に戻る働き(自己治癒力)が高まり好転(改善)する時に一時的に起こる症状を好転反応といいます。

食慾不振やめまい、だるい、眠い、腫れ、痛み、頭痛、発熱、おう吐、便秘や下痢、おしっこや便がいつもと違う、動悸などなど、症状や期間は様々ですが、段々良い方向へ改善するための浄化と捉えてください。

ただ、少し長引いてもすぐに悪くなったと判断せずに、手当後は食事を少なくして様子を見ましょう。

また反面、症状がどんどんひどくなっていく場合は、病気の進行ということもあるので、病院で調べることも大事なので注意を。

好転反応は心身の調和の学びです


●幼くてもできる事を

我が家を顧みると耳が痛いんですが、「三つ子の魂、百までも」。
甘やかさず、子供は小さいから何も分からないと決めずに躾けたい(身を美しくと書くんですね。字のごとく!)

東城先生のこころの暦より

赤児は肌を離すな
  幼児は手を離すな
少年は目を離すな
  青年は心を離すな


今の子供たちこそ、さらなる困難にあっても自分で考えて行動し、耐えて生き抜ける力をつけてほしいです。


●原爆の放射能障害もはね返す
~秋月すが子さん 秋月辰一郎先生の奥様~

原爆が投下された時は看護師として勤務中だった秋月すが子さん。
後に結婚した秋月辰一郎先生と同じ場所で被爆し、かねてより虚弱体質と結核で健康改革をなさっていて、食養学を学んでいた経験をここでいかんなく活かし、玄米ご飯に塩をしっかりつけたおにぎりと塩辛い味噌汁、砂糖を避けて徹底したおかげか、放射線の急性症状を乗り越え、慢性的な癌にもならずに辰一郎先生は89才の長寿を全う、すが子夫人は93才の今もお元気というから「論より証拠」の見本でしょう。

確かに当時の秋月先生の食事療法が本当に放射線の影響を防いだのかは、今となっては科学的に実証できないにしても、広島や長崎は見事に立ち上がった事実は疑いようがありませんし日本は凄い国だ!と誇りをもつべき事実。

何年後かは分からないけど、「よくふくしまは復興したよね!」って歴史に残したいです

そして今のふくしまの状況を考えても、確かな除染技術も確立されていない中で、原点であり伝統食である和食(ご飯が主食で味噌汁、漬物の三点セット)を基本に大地が育てた、いのちが満ちた食をよーーく噛んでいただきながら抵抗力をつけて解毒し、未来につなげていくべきだと考えます。


【よく噛むコツを一つ】
口に食べ物を入れたら、箸を置きましょう。
そしてドロドロ溶けてなくなってから、再度箸を持つクセをつけると噛む習慣が身に付きますよ!


●「あな健」栄養教室通信講座のレポート

手前味噌で恥ずかしいんですが、僕が1年半前に危機一髪の状況で、もうこれしかない!と思い自然療法を生活に取り入れてから起きた奇跡のような経験、自然の偉大なチカラのおかげで回復できた流れをぜひ月刊誌で紹介したい!と通信のオクダ先生からお話が。

決して自慢するつもりはないんですが、病気でどうしてよいか分からずに悩んでいる方が想像以上に多い事、また難病だったり行き詰っている状況にいる方にも、何かしら励みになればと思い、思い切って掲載をさせていただきました。

もし「読んでみたい!」という方がいたらお知らせください。差し上げますので。

郡山・出張専門足ツボ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康月刊誌6月号栄養教室通信講座修了レポート 人工肛門も外せて長年のクローン病の苦しみから脱出

でも「励みになったよ」などの感想を聞くと、僕が回り道しながら経験した知恵でも何でも、悩んでいる方の助けになるなら伝えたくなりました。
 
こないだの健康学園に行く前までは、自分の病気のことをネタみたいに人前で話すなんて有り得なかったんですけど、経験したことも伝えることもこれ使命なのかと…殻を捨てます!

ジャストタイミン!ちょうど地元の新聞に、クローン病ってどんなん?という紹介と治療方法が掲載していました。
今ツラく悩んでいる方も希望を捨てないで。大丈夫大丈夫^^
郡山・出張専門足ツボ足もみ士_たけろぐ_人工肛門ストマも外せて長年の難病・クローン病を乗り越えました。今腹痛などあってもきっと良くなる♪大丈夫大丈夫!
 

東北健康学園in福島・猪苗代

26日、27日は地元・福島で開催の「あな健健康学園」へ。

全国から 遠くは大分からお越しの方もいて100名強の方の参加でした。

雄大な磐梯山と猪苗代湖をバックに、見えない自然のチカラを学ぶには最高の環境の中で、会場に集まったみなさんの熱気というか真剣さと東城百合子先生の迫力は想像以上で、月刊誌5月号の最後に東城先生が書かれてるメッセージ通りの愛のあるお叱りが何度も!

僕は今回、行く前からずっと「絶対叱られる!」と思ってたのに意外に温かい目で見てくれてホッとするような、なんか物足りないようで複雑…

とにかく勉強のみの合宿でした。社会人になると貴重な経験かも!

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康「東北健康学園」猪苗代にて。自然を学ぶには最高の環境でした

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康「東北健康学園」猪苗代にて。自然を学ぶには最高の環境でした 薬草の見本

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康「東北健康学園」猪苗代にて。東城百合子先生五来社長など記念に残る写真
自然食の夕食。会津の郷土料理「こづゆ」もさすが評判良かったのは嬉しかったです

お手当の大切さと毎日続けること、アタマでなくモノマネでもなく、心で分かるように深くまで観るクセをつけること
今までの経験やお手当のやり方など、周りの人に伝えていくために基本から学びなおそう
 などなど気づきが多すぎて整理しなければ…


今回は2回目の参加でしたが、久しぶりの再会だった同志とも元気に会えたし、新しい仲間も増えたり一緒に参加した地元の料理教室のメンバーが決意表明をした姿にジーンと来たりと、笑いあり 目から汗ありで嬉しかったなあ!


郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康「東北健康学園」猪苗代にて。東城百合子先生五来社長など記念に残る写真

帰りの道中は、他県から来た同志を五色沼~土津神社~猪苗代湖・志田浜で遊んで郡山駅まで話も楽しくドライブで最高!
でもなんで千葉県民が「会津磐梯山は~~たか~ら~のやま~よ~~」って民謡が上手くてビックリ?

これは福島を愛する県民としては特訓して歌えるようにせねば^^

天鏡湖 猪苗代湖にて


いざあな健の健康学園で猪苗代へ!今日の朝までドキワクだったけど、終わった後は何か曇りが晴れてスッキリする予感でウキワクに変わりました(^^;) 久しぶりに同志に会えるのも楽しみ~

月刊誌「あなたと健康」12年5月号

5月号の月刊誌の表紙は「あやめ」。

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_あなたと健康5月号の表紙「あやめ」

あいかわらずやさしいタッチで、ほっとする絵です。

今年は寒い日が続いた分、ようやく咲いた桜が立派に見えて特別に感覚が。
2.5kmも1本道で桜並木が続く「富岡町」の方々は、避難して直に花見が出来なく、テレビでの中継でしか見られないと思うと複雑な思いも持ちました。


~気に留まった言葉やフレーズ~

●自然の力に涙ぐむ 巻頭言
小学6年生の「お母さんのメッセージ」という詩。
働くお母さんの子どもを想う気持ちが、この子からのメッセージを通してしんみり伝わりました。自分もがんばんないと!

●玄米の発芽実験
万病に効く玄米のチカラと少なく食べて、大きく動く
~発芽実験~
容器に脱脂綿を敷いて水を張って、コメを入れて経過観察
※白米と無洗胚芽米はカビてしまったが、玄米は芽を出し、育つと数百倍の実をつける。
一粒一粒生きている玄米は、計り知れない力を持っている。

●過信し過ぎないよう~休日もなく働く内臓~
普段いくら元気だといっても、内臓は自分で思っている以上に疲れている。
自分の内臓の状態がどうか、実際感じることは少ない だからこそ、普段から手当をするなど注意が必要

~つい体調が良いと油断し忘れがちに‥これまで何十回と痛い目にあってきたことか…

●食べものと健康
解毒のチャンピオン!パセリと毒消しの小豆について
我が家のプランターで去年から育てているパセリが、陽気が良くなってきたせいか伸びがスゴイ!手がかからないし重宝しますよ☆

●あとがきの最後4行が意味深。。
~これから私(東城先生)は少しずつ引退の準備をして、縁ある読者の皆さんに託して参りますので、よろしくお願いいたします~


最近の東城先生の講演会は、命がけで真剣そのものと聞いていたんで、今月の健康学園に参加する縁のありがたさを深く考えて、一言ひと言大切に聴いてきます。

あとは実生活で活かしていかねば。

「いい事聞いてよかった☆」だけでは意味ないし、僕なりに周りから自然療法のお手当ての実習会などなど伝えていく活動もはじめていくつもりです。

今月26日からの福島・猪苗代での健康学園は人数もそんなに多くないそうなので、中身が濃くて一人一人が主役になれそうな予感がしているのは僕だけ?

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足ツボマッサージ士たけ_たけろぐ_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹 茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足裏には『こうなりたい』という
カラダからのヒントは必ず出してくれていますよ。

20年も苦しんで付き合ってきた難病から這い上がれたきっかけは……続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

たけの施術の特徴など(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早4年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し9年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

足もみ健康法オンラインレッスン
ジュニア足もみケアプラン推奨月間です。

「たけ」のお知らせ③

クービック予約システムから予約する peypey(ペイペイ)も使えます。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

グーグルビジネスページへの口コミご投稿どうぞよろしくお願いします!
当院への口コミ・ご感想は
こちらから よろしくお願いしますm(__)m

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム