FC2ブログ

がんばってる「あなた」こそ! 7つのケア

足から本来のあなたらしく"元気で輝く"をお手伝い
根っこ改善 足もみ士の「たけ」です。


僕は足もみ士なので、足裏の揉みほぐしやセルフケアで体質改善やデトックス、様々な症状が改善しますよ。とお伝えしていますが、揉んで効果があるのは足裏だけではありません。

「知ってるよ!」と言われそうですが、あらためて7つ紹介いたします


●ふくらはぎ
「第二の心臓」とも呼ばれ、血流改善で免疫力向上やむくみ・疲れ取り

・血液やたまった疲れを流すイメージで、足首からひざに向かって揉み流すこと
健康雑誌でも特集が組まれたり、ベストセラー本まで出ましたね。


●太もも
血液やリンパの流れを良くして健康美脚へ!

・血が「海」のように集まる場所と言われる血海のツボは婦人科系に効果抜群。
太ももの外側や表、裏もゆっくりと緩めてほぐしましょう。ストレッチも良いですね。


●耳
耳は全身の縮図。回したり引っぱったりで歪みやコリを解消!

・1日1回、耳全体が熱くなるまでこねれば、血流やリンパの流れがアップします


●お顔・頭皮・首
美容に限らず、自律神経や脳の血流改善へ

・マッサージすれば顔色も良くなりますし、美肌やシワ撃退にも効果的。
攅竹(さんちく)、晴明(せいめい)、承泣(しょうきゅう)、迎香(げいこう)、地倉(ちそう)
首にある天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)、完骨(かんこつ)がオススメのつぼ。
頭皮ケアは、3つの経絡(けいらく)を意識してマッサージするだけで、簡単リフレッシュできます


●のど・甲状腺
甲状腺は、新陳代謝を促進するためのホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌する臓器で、身体活動に大きく関わる大切な臓器

・のど仏のわずか下にあります
親指と他の4本の指で挟む様につかんで、痛くない強さで優しくマッサージしてあげてください。


●手や手のひら、指
いつでも手軽にケアできて、全身の縮図でもあり「第二の脳」とも。

・くまなくほぐして神経と血流アップ!
「爪もみ」も自律神経を安定させる効果があると医学博士の安保徹先生は言われています
僕は寝る前に爪もみをやると、不思議にすっーと寝付いちゃうんですよ^ ^



郡山・経絡足つぼ脚もみマッサージ士_たけろぐ_出張専門_頭痛や頭の疲れ、ひらめきなどはココ!親指全体が柔らかく、そして痛みがなくなるまで日課にしてほぐしましょう●足裏、足つぼ
たくさんのツボや反射区の刺激を通して体調の把握と改善を

・あえてここでは説明は省きます。僕の過去のブログをどうぞ。
⚪︎△を改善したいからといって、同じ場所をピンポイントで押さないでくださいね
全体を揉みほぐした上で、お悩みの反射区をもう少し丁寧に…という感じで向き合ってほしいです。


今回紹介したセルフケアは「なんのために?」と聞かれたら、血液やリンパの流れが良くなって代謝が活発になり、内臓の働きも上がって血がキレイになる、そして免疫力も高まったら好きな事、やりたい事を健康で楽しめるじゃないですか。
これに尽きると考えます。

【注意点】
・毎日の生活の中で習慣として続ける しかもゲームみたいにして楽しみながら。
・息を止めず深呼吸 押す力は強すぎず心地よい範囲で
・食後すぐにはやらない お風呂中か上がった後がgood!
・終わった後は白湯(50~60℃のお湯)を飲むのが排毒によい


自分の体は自分で守れます!
あなたにとって大切にしたものだけが大切に残りますよ。

会社では仕事の合間に、家ならパートナーとテレビを見ながらお互いにマッサージなんていいですね。
スキンシップにもつながりますから、どうか照れずにチャレンジしてみてください。

それぞれのセルフケアの詳しい情報は、皆さんがしっくりくるやり方を検索してください。
僕流のやり方でしたら、遠慮なくお聞きください。

郡山・出張専門足つぼ足もみ士_たけろぐ_足ツボ足もみ予約連絡先と問い合わせ先

「養生」と体の健康とは?パート①

僕は長いこと、病気ってなんで患うの?とか
どうやって元気や健康を取り戻せるのか?

という事ばかり考えてきました。実際に体調がキツかったのでかなり切実に…です。


ですがこの答えは、僕自身の身体で証明していくしか説得力がないと思うんです
まだ改良中ですが(・・;)


人の身体は自然や父母からの愛と恵みであって、自分だけのものではなく天地の賜物・親の残してくれたものだから、大切にして天寿・天命を全うするように心がけねばならないと考えます。

ただ独身のうちはこの考えは理解しにくいかもしれませんね。


天寿・天命を全うするためには
「健康」とがっちり手を組めないと難しいのではないでしょうか。


そこで、僕なりの「健康」の柱を紹介します

①身体の健康

②心や考え方の健康

③魂の健康

④生活(経済的にも)の健康

⑤運命の健康


医学が年々進歩している今も、ガンやアトピー、アレルギー、自己免疫疾患などの難病は増え続けている
          ⬇︎
身体だけでなく心や魂が深く関わる病が山積み
          ⬇︎
身体や臓器のみを対象にしてきた西洋医学の限界!


こういった流れは皆さんも知ってるし実感されている方も多いのでは?


今回は自分の身体の「助けて!」を聴く方法をいくつか紹介します

・血液検査など
・おしっこや便
・爪
・「望診」
       主に顔の血色や舌の状態を観察
・「切診」
      身体の部位や脈に触れて判断
・手のひら、耳、足裏
      (反射区、リフレクソロジー)
・びわの葉温灸
・L・E・T(ライフエネルギーテスト)


他にも有効な方法を知っている方は「お問い合わせフォーム」を使って教えてください!

普段の生活の中で、もし何か身体の違和感がしばらく続くようなら、どうか自己判断しないで病院できちんと調べるのも大事だと思います。
それで問題がなかったら安心なんですからね。

ですが上記したやり方で、日頃の身体の変化を確認していれば大難も小難で済むんじゃないでしょうか。


これらの確認方法もひとつの立派な「養生」と言えるでしょう。
病気をしてから治すための時間とエネルギーは相当だと思います

たった一回の人生ですよ。
 パート②にゆるく続きます…
 

信じなくていいですよ!~病気の治し方~変わった男の話

昨日の出来事から想いを長々と書きます。タイトル通りなので興味のある方だけお付き合いくださいね。

IBD「炎症性腸疾患」
潰瘍性大腸炎クローン病を合わせての呼び名~患者会の交流会にはじめての参加でお話しを伺ってきました。


この日来ていた方は当然ながらIBD患者ご本人。難病と言われている病気ながらも、みなさんよく勉強されているなと感心するほどでした あまり関わったことのないお医者様よりはるかに詳しいでしょうね!

この病気は人それぞれ症状や部位、お薬の相性や治療法などケースがまちまち。
しかも「難病」と呼ばれているくらいなので、「これ!」といった確定的な治療法がないのが現状です

僕が何のために患者会に行ったのかと言いますと、他の方々はどう病気と向き合って過ごしているのか知りたかった

もう一つは、僕自身が16年この病気と付き合いながらも紆余曲折を経て、そして今は気力・体力ともに充実して絶好調です。しかも有難いことに、やりがいのある「足もみ」のお仕事もできている今までの道のり。


昔から親不孝でデタラメな生き方でしたし、体調どん底で何度も死にそうになって、お花畑がチラチラとよぎったことも‥。

ですが回り道しながらも、おかげさまで奇跡的な回復ができた男がいるという事実 今悩んでいる方々にとって少しでも励みに、明るい希望にさえなればとの想いで参加してきました。

ですが患者会の方に「あなた重症で大変したね」って言われたのは新鮮な驚きでした^^
僕は症状の軽い方でツイてるって思ってたので…。


そこで本題ですが、不良患者だった僕なりの「病気の治し方」を箇条書きで書きます。

世間一般で言われているような医学、栄養学、治療法の内容は書きません。あくまで「変な男」が書く治し方、健康の取り戻し方ですので。(掲載の順番は重要性とは関係がありません ひらめいたまま綴りました)


①親に感謝する ありがとうと直接言葉で伝えて、親やご先祖様のおかげで生かされていることに感謝する(感謝の言葉を実際に出すことが大事です)

②あらゆる人は、本来は無限のエネルギー、自然治癒力、恒常性維持機能(ホメオシタシス)に満たされている 愛と光に包まれた美しい尊い存在なんだと自信を持つこと 檀中や丹田に光の玉を想像して、そこからまぶしい光が体の毛穴から溢れるイメージ、を想像する しかも笑顔で!

③1日に3回以上はしっかり、しかもゆっくり息を吐き切って、深呼吸をする

④朝日を浴びる

⑤鏡を見て、自分に向かって言葉で問いましょう
「○○(自分の名前)の脳よ聞いてるか!○○のつらい症状を起こしているのは○○ちゃんの脳が起こしている事だってバレてるからな!もうやめろよ!〇日 もしくは〇か月でやめろよ!」

⑥不平不満とはとらえずに、私がこの病気で苦しむのはおかしい!とシンプルに脳に問いかけましょう

⑦化学物質(添加物、保存料、農薬)不自然なたべもの(工場で大量生産された「いのち」のない食べもの)電子レンジ、砂糖、マーガリンやイースト菌のパン、スナック菓子は極力控えて、できるだけ手作りで旬を大事に、とにかくドロドロになるまで良く噛み、感謝しながらいただく
お薬にだって感謝しましょう たとえ副作用があるのが分かっていても

⑧病人に似つかわしくないような明るめの服装、キラキラ系のネックレスもつけて顔にツヤを出す

⑨愚痴、不平不満、泣き言、悪口、文句、心配事などネガな言葉は心で思っても口から出さないように意識しましょう

⑩あまり病気について詳しくなりすぎない 専門家みたいになると、原因に対して妙に納得して無意識に受け入れてしまう 少しくらいアホでちょうど良い位

⑪あなたは本当に治りたいのか?と自分に問いかける
 意外に慢性病を患っていると周りが心配してくれたり、やさしくしてくれますし、入院すると看護師さんとにかく親切にやさしくしてくれますから(笑)
 居心地が良いので、深層心理、深い意識の奥で病気が治らなくて良いと思っていないか

⑫がんばりすぎ、ガンコをやめて 少しいい加減、良い加減な自分でいいじゃないですか 許しましょう



思い出したものがあったら随時追加します。
そしてこれらのIBD患者さんに通ずる共通項も書きますね。

みなさん、総じて根がまじめでやさしく繊細、ちょっと不器用な面を持つ性格だという事。
ただし僕は例外かもしれませんね。

世の中の人たちより思いやりが強くて、そして免疫がつよすぎるので、不自然な化学物質やウイルスを上手に外に流せない体なだけかもしれません。

ただ僕は、この病気は天からの頂きもの、生き方の間違いや大事なものは何なのかか気づきなさいというお手紙だと受けとめ、今は本当に感謝しています。

おかげで良書や沢山の方々との出会い、そして人の温かい思いやりにも触れて助けられましたし、人の痛みが分かるようになりました。
 
対症療法的な今主流の治療や栄養学では限界があるのは周知の事実 戦後の誤った経済優先の食文化が130もの難病を作りだし、病院や製薬会社が儲け続ける社会構造もなかなか変わりませんし


どうか正しい知識を持って、自分の健康や元気は自分で高め育てる生き方

イキイキと輝いた人生をみんなで送れる「進んだ世の中」を開きたい


最後に一つ、お伝えさせてください。
病気を患っている方、体がどんなにキツくてつらくても、心まで「病人」にならないでください。
強気でいきましょう!

入院中、退屈しないで有意義に過ごす方法なんてのもお伝えしますよ♪
僕は入院してても、毎日忙しかったですから^^

上記に挙げた事の質問などどんなことでも構いません。
僕の経験したことでしたら何でもお伝えいたします。

ブログ右側のメールフォームから質問してくださいね。
 

手当てのススメ-お金をかけずに手間かけろ②-

前回の「体操のススメ」では、箇条書きにいろいろ並べました。

ですが後でよく見直してみるとまだまだ書き切れていないことに気づいて…。


体操も大事ですが、そうだ!お手当ても紹介せねば。だれか一人でも助けになれば嬉しいので、包み隠さず紹介いたします。


また今回も箇条書きにてお許しくださいね。
僕が実際にやってみて効果があったものだけを紹介してます


・びわの葉温灸

・こんにゃく温湿布

・しょうが湿布 しょうが湯(足湯)

・里芋湿布

・糾励根(きゅうれいこん)

・アイロンお手当て、温熱療法

・砂浴

・鍼灸

・たわしでの皮膚刺激マッサージ

・薬草茶(玄米コーヒー、スギナ、どくだみ、びわ、よもぎ、ハブetc…)

・爪もみ(手の指、足の指)


8月に入ってから、時期的に遅かった梅雨明けをしてからの今年の夏はとにかく厳しかったですね。

僕もバテました(+_+) エアコンでつい体の芯まで冷やしたり、冷たい飲み物が続いたり、スイカ割りで盛り上がってつい食べすぎ…などなど無意識のうちに1年のうちで一番カラダが冷えるものです

気温がまだまだ高いので冷えの自覚がない方も多いでしょうが、だんだん朝晩も涼しくなってきましたし、カラダも秋モードにす・こ・し・ず・つ!変化してきたこれからの時期こそ、本当の「夏バテ」に要注意です。


お盆明けの週から「本調子でないから何とかして」など疲れがどっと出た方を多く見てきました

永年のガンコな肩こりの方が数名いらして、ついに僕も「寝違え」を20年ぶりに経験(+_+)

肩の不調ってこんなに大変だとは。身をもって実感しました(汗)。


やはり上手にカラダを温めてゆるめて、奥深くにしまってある疲れを抜いていくのがベストかと。

それには今回紹介した手当て法などで、ご自分と静かに向き合ってカラダの声を聞くのをオススメします


どうやって自分のカラダの声を聞けるの?という方はご質問ください。
 

体操のススメ-お金をかけずに手間かけろ-

「たけ」自身が今までやってみて

 これは良い!と感じたものだけを箇条書きで紹介します

何か気になる体操がありましたら、どうぞご自身で検索してくださいね。


・朝日を眉間で受けてピンポン玉のような光の玉をイメージ 眉間から喉を通ってゆっくりと丹田に落とし込むイメージ法

・深呼吸(鼻呼吸)

・クンバハカ(中村天風氏が編み出した呼吸法)

・操体法(体の歪み、ねじれを正す体操)

・セルエクササイズ

・真向法

・チベット体操

・天足法

・あいうべ体操

・両手ふり運動

・体幹チューニング

・柔軟体操(体の柔らかさは血管の柔らかさ、血流の流れに直結します)

・足指グーパーじゃんけん

・経絡マッサージ(頭や顔、首などどこでもできる手軽さ)

・大声を腹から出す(車中をオススメします 前向きな言葉 感謝の言葉などがとても良いです これだけで自分の限界を超えられますよ)



僕は毎日、これ全部をやってるわけではありません(笑)

ただ、この中のどれか一つずつなどを組み合わせるなど、工夫しながら気分にあわせて続けてきたものだけを紹介しました。


ただ世の中には、まだまだ効果の高い体操などの健康法は星の数ほど溢れているのでは?

なかなかネット検索でも出ない、秘伝のものもあるのかもしれませんし、沢山の情報に流されずに、どうかご自身の心とカラダでピンときたものを上手く、面倒がらずに毎日の習慣に取り入れると良いのではないでしょうか。

ご存知でしょうが、健康と元気は日々の積み重ねですから。僕は本当につくづく実感してます!
何か病気をしてから取り戻すのはメチャメチャ大変ですので。

これらの日々の習慣から、免疫力や自律神経を高めて血液や酸素をカラダの隅々まで行き渡らせたいですね。

他にこれはいいよ!のオススメ情報やご質問など大歓迎です!気軽に教えてください。


最後に効果がすごく高まるコツ、奥義を2つだけお教えしますね。


それは…。

意識をたった1ミリでも意識して変える事 続けること。
長い目で見たら、それはすごい差になりますから!!
  
 そして笑顔で楽しくやる事。できたら家族や仲間とがいいですよ。enjoy^^楽しみましょう!

 
最後にほっこりする動画をご紹介 子供のころ飼っていた柴犬(ペルと永吉)を思い出しました♪


 
 
 

熱中症対策~正しい水分補給法はできてますか?

今年はなんだべ!明けないのかと思った方も多いのでは?

ようやく梅雨明けしたと思ったら!明日の郡山の最高気温予想は35℃((+_+))熊谷は38℃?


もはや【熱中症】という言葉も定着しましたが、まさか自分が…。と思う方がなるケースが多いようです。
高齢者だけに限らずに、しかもどうしてこんなんで?と思うような、熱中症を予想しづらい状況の中で。


僕なりに共感したページを紹介します。⇒こちらをどうぞ(熱中症)(水中毒)に注意!


大事なのは

・ミネラルを多く(種類も)含んでいる自然塩が重要→科学塩(塩化ナトリウムではない)ではカラダに元気が回らない

・水分補給といっても、砂糖を多く含んだ甘い飲み物は避けましょう→疲れます
スポーツドリンクならせめて、薄めて飲むのをおすすめします

・水は摂ればいいというものでもありません。水のとり過ぎにも注意!

大量に汗がでた時には、水だけを飲むと血液の塩分濃度が下がります。
熱中症を心配して水だけを飲み過ぎ、塩分の補給をしないと血液中のナトリウム濃度がさらに低下してしまいます。
これが「水中毒」の状態で、密かに、密かに怖いです。

・自然塩で(できるだけ時間をかけて)漬け込んだ「梅干し」が夏バテ予防や塩の補給には最適!
枝豆も良いですし僕。大好きです^^


季節のものにはおいしいだけじゃなくて、きちんとワケがあるんですね。


注)でもこんな時って、どうしても冷蔵庫の冷たい飲み物に手が伸びますね^^

ですがですが!あまり飲み過ぎると「腸の冷え」と腎臓、膀胱へ過度な負担が。

体温が1℃上がると、「白血球の働き」が活性化して、免疫力が5〜6倍アップするという研究が報告されていますし、免疫力をダウンしてしまわないよう、真夏でもたまには「さ湯」も良いですよ。
「さ湯ラー」の僕は真夏でも冷たい飲み物は極力飲みません(笑)


ちなみに、大腸の水分吸収が弱点の「たけ」ですが、「OS-1」という飲み物はカラダへの水分と塩分吸収にはオススメ。
正直、美味しいよ!とは言いづらいですが…。


カゼを引いたとき、高熱が出て汗をかいたとき、二日酔いで参った時などは、テキメンに体に水分が染みわたって、かなり助けになりますよ。

本当に暑いのはお盆までって言いますし、しっかり手を打って
 夏を~楽しく~乗り切りたいものです。
 

「これ」とは何?小林弘幸先生に学ぶ講座

自律神経の研究では第一人者と言われる小林弘幸先生の公開講座へ。

先生は本を何冊も出版されていて、書かれていた内容・メッセージと、超一流と言われる小林ドクターの雰囲気に接してみたくて参加してきました。

ズバリ男前でしたね!知識とバイタリティ溢れる小林ドクターのような男性を目指すぞと感じながらの講座。太田綜合病院さんの主催でした

郡山・経絡足つぼ脚もみマッサージ士_たけろぐ_出張専門_自律神経の第一人者、小林弘幸先生3

 「健康とは? と聞かれて皆さんはなんと答えますか。

小林ドクターの定義は

「いかに質の良い血液を 
 十分にひとつひとつの細胞に届けられるか」


血液の流れを良くしましょう。とは良く言われますが、この「質の良い血液」をいうのがかなり大事かと。

キーワードは「腸」と「深い呼吸」。

郡山・経絡足つぼ脚もみマッサージ士_たけろぐ_出張専門_自律神経の第一人者、小林弘幸先生1

僕なりに気づいた点を箇条書きで書きます

・自分を客観的に観れるか
・自律神経はライフライン OS
・交感神経と副交感神経で、理想は1:1
・自律神経を自分で訓練し、高める
・3週間、変な症状が続けば普通ではないので受診 安易に自己判断しない
・お風呂は40℃ほどのぬるめ 熱いと血管が収縮して疲れが抜けない
  最初は首まで浸かっても良いが、後半はへそ下の腰湯が良い
・腸内細菌
・香りの効果も大きい=好きな香りは興奮することもあるので注意!
  柑橘系は比較的安ぐ 自律神経、副交感神経が優位に

郡山・経絡足つぼ脚もみマッサージ士_たけろぐ_出張専門_自律神経の第一人者、小林弘幸先生2

先生はドクターになって最初に赴任したのが順天堂大学病院の小児科。

小児科というのは、とにかく患者の子ども達から手が離せない激務だそうです
20代だからやれた。と仰っていましたが、20日間トータルで3時間しか寝る時間が取れなかったと笑っていました…信じられない(+o+)

ですが世の中にはアントニオ猪木さんや明石やさんまさんなども疲れ知らずだそうですね、僕もエネルギーに満ち溢れて、魅力的な存在になりたいです 自律神経を訓練すればなれるか?生活習慣に取り入れてみます。

最後に小林ドクターは「究極の生き方」のメッセージとして

 ゆっくりの動作 =無駄が減って呼吸が深くなり、血流が良い との事。

超一流と言われているドクターが施す難しい手術も、手の動きなどはかえって看護師さんよりも遅いのでは?と感じるほどだそうです

それでも手術時間は目安の1/3ほどだったり、流れるような無駄のないキレイな動きと仰っていました。
 
小林ドクターから少しでもいいんで直接話しを伺ってみたいですが、先生の便秘外来の予約は6年半待ちだそうです…
 

 足もみ士「たけ」プロフィール

さあ、足どりが軽くなるぞ!

Author:さあ、足どりが軽くなるぞ!
福島県郡山市足ツボマッサージ士たけ_たけろぐ_手書きで書きました  
ニックネーム:足もみで人生が開けた男 大竹 茂「たけ」
性別:男性
誕生日:7月12日
血液型:A型
お住まいの地域:福島県郡山市

足裏には『こうなりたい』という
カラダからのヒントは必ず出してくれていますよ。

20年も苦しんで付き合ってきた難病から這い上がれたきっかけは……続きはこちら


[たけの営業日・カレンダー]



足もみ整体院たけの問い合せ先電話番号  

たけの施術の特徴など(動画)


「たけ」のお知らせ①

郡山市開成にて
「完全予約制足もみ整体サロン」
「足もみ士プロ養成塾」

開設して早3年。
そしてプロの足もみ士として
おかげさまで開業し8年目を迎えました。
郡山で足圧足もみ整体、骨盤リセットほぐしダイエット、リフレクソロジー、足裏足つぼをお探しなら_たけの足ツボ足もみルーム開設!3

貸サロン・レンタルサロン事業
ジュニア足もみケアプランのみ営業中です。

「たけ」のお知らせ③

【hotpeppper Beauty】

大竹茂足もみ整体院_ホットペッパービューティーへ掲載
ご予約や空きコマ情報は
こちらからも どうぞ。

「たけ」のお知らせ④

地元テレビの福島放送、KFBさま
11/4(祝)に
「スーパーJチャンネル」

 -Jのイチオシ-にて
たけの足もみの様子を取り上げていただきました。
テレビ出演たけ_Jチャンネル福島放送
 掲載のブログはこちら

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

お問い合わせなどはこちら

口コミ・患者さまの声

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム